Home>>サポート>>よくある質問

よくある質問


製品全般


 型式 全製品

製品保証の対象外となる事例は何ですか
弊社の許可なく製品を分解または改造をした場合、保証期間内でも製品保証の対象外となります。



取付作業にあたり最初にすることは何ですか
製品を取付る前に取扱説明書を読み、製品および取付方法をよく理解すること。



配線作業での注意点は何ですか
・配線作業を行う場合は必ず電源の供給を断ってから行うこと。
・各種コネクターを接続、または接続を外す場合はコネクターの接触子を汚さないように作業すること。
・各種コネクターが、水や油などの液体にさらされないようにすること。
・端子台に使用する端子は巾寸法6mm以下のM3用を使用すること。
・巾寸法6mm以上の端子を使用すると端子台が破損します。



製品の使用に先立ちするべきことは何ですか
製品を使用する前に取扱説明書を読み使用方法をよく理解してください



始業点検は必要ですか
始業点検は不具合を未然に防ぐために必ず実施してください。



機能設定モードで設定した値を記録する必要は有りますか
・機能設定モードを使用して標準出荷状態と異なる設定とした場合は設定内容を記録し保存してください。
・故障時の修理代替機は、標準出荷状態での出荷になりますので注意が必要です。



ミス検出について平易に解説した資料は有りますか
[ マンガで見るミス検出の上手な方法 入門版 ]が、有ります。  和文、英文、中文を用意しました、会員登録されていると、弊社ホームページからダウンロードが可能です。

 
 

カス上がり検出器


 型式  PS-464

ダイハイトデテクターとは何ですか
プレス金型の下型に専用近接センサーを設置し上型ストリッパーとの隙間の変化を ストローク毎に下死点変位として算出します。
設定値以上の変位を検出した場合はプレス機に停止信号を出力する装置です。

PS-462/4の変位表示がE-01またはE-02のエラー表示をするのはなぜですか
基準値レベル・エラーです。
材料の板厚変動やエッジのバリの有無を確認してください。
このエラーが頻出する場合は、検出レンジを200μm( 1μm ステップ感度 )にしてください。



予備線とは何ですか
PS-462/4背面の12Pコネクターから端子台まで、PS-462/4の内部で接続されている配線の 名称です。
端子台間を必要に応じて接続することにより、プレス機との配線が容易になります。



センサー・ヘッドはどのような形状ですか
形状の異なるセンサー・ヘッドを多数用意しています。
詳細は製品情報のセンサー・ヘッドを参照してください。



センサー・ヘッドを取付ける際の注意点は何ですか
センサー・ヘッドを下型に取付して上型の可動ストリッパーを検出対象物とします。
下死点での検出対象物との距離は0.7から1.5mmになるよう取付すること
センサー感応中心を直径で30mm以上覆うこと
取付金具を用いる場合はプレス加工の振動でたわまない剛性のものを使用すること。

上記の条件を満たさない場合は、本来の性能を発揮できません。



PS-4643 アナログモニターユニットとは、何ですか
PS-462/4のアナログ信号を観測するための回路ユニットです。
PS-462/4の背面に組み込みます。 オシロスコープなどを使用して、下死点周辺での波形を観測します。
これにより、ストリッパープレートの動作状況を推測して PS-462/4の内部角度タイミングまたは外部タイミングの設定値を決定します。
 
 

ミス検出装置


 型式  PS-661/2

ミス検出装置とは何ですか
主に順送り金型でのプレス加工において、材料の送り不良や製品の排出不良などの不具合を 各種センサーと併用して検出しプレス機に停止信号を出力する装置です。



センサーに用いるプラグは、どのようなものですか
DC電源(+12V)をプラグから供給する場合
  PS-661/2から合計値で最大600mA供給可能です。

φ6.3ステレオ・フォーン・プラグを使用します。
  ヘッドホンなどに使用されている直径が6.3mm(1/4インチ)の3極プラグです。弊社のライトセンサーなどに使用されています。

電源供給の必要がない場合
 
RCAピン・プラグを使用します。
ビデオ機器などに使用されている差込部分の直径が3.2mmの2極プラグです。弊社のスプリングセンサーに使用されています。



予備線とはなんですか
PS-661/2背面の12Pコネクターから端子台まで、PS-661/2の内部で接続されている配線を称しています。
端子台間を必要に応じて接続することにより、プレス機との配線が容易になります。
 
 

デジタルカム


 型式  デジタルカム共通

デジタル・カムとは何ですか
設定した角度( ブレス機のクランク角度 )の間に信号出力する装置です。
角度検出にロータリー・エンコーダーを使用します。

 型式  PS-701

プログラム・バージョンの確認方法
プレス機を停止状態にして、PS-701のセット・ボタンを2秒以上押し続けたときに 現行品はプログラム・バージョンを表示します。
旧タイプは角度を表示します。



エラー表示内容について(旧タイプ)
表示内容が1から6までの、いずれかの点滅表示になってしまう場合は、点滅表示されたチャンネルの角度設定が0から359までの範囲を超えています。

MDランプが点灯してしまう場合は、データ・バックアップ不良またはモーションデテクタ検出が考えられます。



エラー表示内容について(現行タイプ)
表示器が F とプログラム・バージョンを交互に表示してしまう場合。
  一桁目が F を表示している時は、データ・バックアップ・エラー。
  二桁目が F を表示している時は、エンコーダーZ相エラー。
  三桁目が F を表示している時は、エンコーダーAB相エラー。

表示器が E と数字を点滅表示している場合は、数字表示されたチャンネルの設定値エラー、または角度設定値が0から360の範囲を超えています。

MDランプが点灯している場合はモーションデテクタ検出が考えられます。



プレス機の角度とPS-701の角度表示が一致しません
プレス機の角度とPS-701の角度表示が一致しない場合
  プーリーとベルトの歯が位置ズレていませんか
標準仕様の19XLプーリーでは1歯あたり約20度、差が生じます。
 
プレス機を連続運転したときPS-701が回転数を表示しない場合
  ロータリー・エンコーダーの故障
エンコーダー中継ケーブルおよびコネクターの不具合が考えられます



設定角度と異なる角度で動作するのはなぜですか
角度設定用デジタル・スイッチの故障
  フロント・パネルごとアセンブリー交換する
 
自動進角出力中にプレス機を停止または寸動させた
  自動進角動作の前提条件はプレス機が連続運転状態であることです



自動進角となんですか
デジタル・カムの出力によって制御される装置の動作遅れ時間を補償して 装置が動作する角度を一定に保つようにする機能です。

機能設定で進角時間を使用するチャネルに設定しないと機能しません。

 型式  PS-731

予備線とは何ですか
PS-731背面の20Pコネクターから端子台まで、PS-731の内部で接続されている配線の名称です。
端子台間を必要に応じて接続することにより、プレス機との配線が容易になります。



数字表示器に示される不具合は何が有りますか
表示器がE05を表示している
  エンコーダーAB相エラー
 
表示器がE06を表示している
  エンコーダーZ相エラー



プレス機の角度とPS-731の角度表示が一致しない
プーリーとベルトの歯が位置ズレした場合
  標準仕様の19XLプーリーでは1歯あたり約20度、差が生じます。
 
プレス機の回転数を表示していませんか
  プレス機を8-SPM以上で連続運転中ならばPS-731は回転数を表示します

プレス機を8-SPM以上で連続運転中でもPS-731が回転数を表示しない
  ロータリー・エンコーダーの故障
エンコーダー中継ケーブルおよびコネクターの不具合が考えられます



設定角度と異なる角度で動作するのはなぜですか
自動進角出力中にプレス機を停止または寸動させた
  自動進角動作の前提条件はプレス機が連続運転状態であることです



自動進角とは
デジタル・カムの出力によって制御される装置の動作遅れ時間を補償して、
使用するチャネル(カム)が角度制御になっている必要があります。 進角時間を設定しないと機能しません。
 
 

ミストスプレー塗油装置


 型式  塗油装置共通

塗油装置とは何ですか
加工油を材料に吹き付ける装置です。
ムダな飛散が少ない工夫がされています。



予備線とはなんですか
PS-217/216およびPS-218背面のコネクターから端子台まで、PS-216/7およびPS-218の内部で接続されている配線の名称です。
端子台間を必要に応じて接続することにより、プレス機との配線が容易になります。

 型式  PS-217/216

PS-216/7の塗油装置のタンク内圧力を高くすると送油量は増加しますか
増加する条件になりますが、管路に気泡が発生しやすくなります。


 型式  PS-218

PS-218の塗油装置のタンク内圧力を高くすると送油量は増加しますか
タンク内圧力に対抗して油量調整用ソレノイド・バルブを開く構造のため、 送油量は減少します。また、管路に気泡が発生しやすくなります。


 型式  PS-219

PS-219の塗油装置のタンク内圧力を高くすると送油量は増加しますか
増加します、PS-219は加工油への加圧値で送油量を制御しています。
管路に弁による流量調整器を使用していないので気泡の発生が少ないです。

 
 

自動箱替装置


 型式  CS-860

CS-860( はこがえる )とは何ですか
プレス加工された製品を箱入れする際に計数と箱の交換を、プレス機を停止させずに実行する装置です。



CS-860を導入する利点は何ですか
箱を交換する度に作業者がプレス機を止める必要がないので生産効率が向上します。
作業者の負担も少なくなり省力化が可能です。



製品の計数値が実数と合致しないことがある
計数センサーに複数の製品が一度に通過すると計数誤差が発生します。
プレス機からの計数タイミング信号の不具合によっても同様の症状が発生します。



いままで交換動作が出来ていた箱を交換出来なくなった
リフト動作に不具合が有る場合
  スライド・レールやケーブルの損傷を点検してください。

クランプ動作に不具合が有る場合
  スライド・ガイドが支障なく開閉するか点検してください。

箱送り動作に不具合が有る場合
  チェーンで搬送していますので磨耗や油脂不足を点検してください。 スプロケット部に異物が有ると駆動に支障が有ります。

供給電圧が10%低下すると駆動モーターのトルクが約20%低下します
また電源周波数が50Hzの地域ではトルクが約17%低下しますのでこのような場合は、箱入れ数を減らして負荷を軽減してください。
 
 

ミスグリップ検出装置


 型式  トランスファーデテクタ全般

トランスファー加工とは何ですか
独立した材料ワークを移送させながら順次必要な加工を追加していく加工法のことです。



トランスファー・デデクターとは何ですか
トランスファー・プレス機のフィードバーに材料のグリップ検出センサーを設置して材料の送り期間中において各々のグリップ不良を検出します。
また、フィードバーの戻り工程にグリップ検出センサーの不具合も検出します。



ワークをグリップしていてもミスグリップ検出状態になる
グリップ検出センサーの動作を点検してください。
  グリップ検出センサーはワークをグリップしているときはグリップ検出信号を出力すること。
 
センサーからトランスファー・デデクターまでの中継ケーブルに 断線などの損傷が無いか点検してください。



センサー不良検出状態になる
グリップ検出センサーの動作を点検してください。
グリップ検出センサーはワークをグリップしていないときはグリップ検出信号を出力しないこと。



可動部の配線が断線する
耐屈曲仕様ケーブルの使用を推奨します。
フィードバーは加工毎に往復運動をしますので、配線の保守を容易にする為に 中継箱と中継ケーブルを設けてください。
 
 

カウンター


 型式  カウンター全般

計数値と加工実数が合致しない
計数用タイミングに使用しているロータリー・カムなどを点検してください。
リミット・スイッチやリレーなどの接点出力を計数タイミングに長期間使用している場合は 状況によりそれらの交換が必要です。



計数値の記憶保持( バックアップ )が出来ない、または記憶期間が短い
電源をONしている時間が短いと充電が不足します。 記憶保持用バッテリーの性能が低下している場合は交換が必要です。
 
 

ライトセンサー


 型式  ライトセンサー全般

ライトセンサーとは何ですか
光を遮る検出物体がセンサーの検出範囲を通過すると検出信号を出力する赤外光センサーです。
加工油の飛散が多い場合は磁気式のループセンサーをお勧めします。



検出動作を知りたい
物体を検出すると出力トランジスターがOFFになり内部プルアップ抵抗を経由して 電圧出力します。



出力仕様を知りたい
DC+12Vプルアップ抵抗式NPNトランジスター出力( B動作 ) 出力電流は50mA( 引き込み最大電流値 )



出力信号が出ない
出力ケーブルの損傷を点検してください。
出力ケーブルに問題が無い場合はセンサーの出力トランジスターの故障が考えられます。



検出感度が低下した
反射板の汚れを清掃するか反射板を交換してください。



検出部に停止している物体を検出しない
動きのない物体は検出しないように設計されています。
通過速度が遅い場合の検出感度は検出物体の大きさも影響しますので、ご相談ください。
 
 

ループセンサー


 型式  ループセンサー全般

ループセンサーとは何ですか
検出物体がセンサーの検出範囲を通過すると検出信号を出力する磁気式センサーです。
検出は加工油の影響を受けません。



出力仕様を知りたい
DC+12Vプルアップ抵抗式NPNトランジスター出力( B動作 ) 出力電流は50mA( 引き込み最大電流値 )



出力信号が出ない
出力ケーブルの損傷を点検してください。
検出部のコイルの損傷を点検してください。
出力ケーブルやコイルに問題が無い場合はセンサーの出力トランジスターの故障が考えられます。



検出コイル部の損傷を防止したい
樹脂製のインナーガイドを検出コイル部が損傷する前に交換することをお勧めします。



検出感度が低下した
磁気式ですので非磁性体( 磁石に反応しない物体 )の検出は著しく感度低下します。



検出部に停止している物体を検出できない
動きのない物体は検出しないように設計されています。
 
 

タッチセンサー


 型式  スプリングセンサー全般

スプリングセンサーとは何ですか
接触検出のアンテナとして用います。
金属製のスプリング式触角をΦ8mmの樹脂製保持部に組み付けたものです。
検出部分の先端形状はΦ0.8mmでホルダー部への組み付け部はコイル・スプリング形状です。



スプリングセンサーの形状は一種類のみですか
使用状況に対応し数種類を用意しています。 詳細は製品情報のスプリングセンサーを参照してください。



先端部分を曲げて使用できますか
使用状況に応じて曲げて使用可能です。



金型やプレス機に接触していない検出対象物( ワーク )を検出できますか
検出できません。 金型やプレス機を通して検出対象物がスプリングセンサーの検出部分と 電気的に接触することが必要です。
 
 

振動センサー


 型式  AS-11

振動センサーとは何ですか
圧電素子を利用したセンサーを使用して振動( 衝撃 )を検出します。
上型のノック・アウト機構によって排出された製品の排出検出に使用します。
製品を受けるための受け皿にセンサーを取付て検出します。



製品が排出していないにもかかわらず検出信号を出力する
感度調整を行い製品排出時のみ信号出力させてください。



検出信号を出力しない
センサー部および中継ケーブルの断線を点検してください。

ページの先頭に戻る